ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ
HOME  >  日本科学協会紹介  >  近年の事業  >  日米高校間における科学実験交流会の開催

近年の事業

日米高校間における科学実験交流会の開催

趣旨

 近年、IT関係の環境が飛躍的に改善され、海外との相互通信も可能となりえたことから、米国ロサンゼルス市NPO法人日米ライブフォーラムの協力を得て、試験的に日米の高校間で科学実験交流を行い、これからのITを利用した学習のあり方や有効性などを検討いたしました。

概要

(1)開催日時
2003年11月19日(水)7:30~8:30(日本時間)

(2)開催場所・参加校
日本(東京都小金井市):国際基督教大学高等学校(ICU高校)
米国(ロサンゼルス市):ノースハリウッド高等学校(NH高校)

開催場所・参加校画像

(3)方法
参加両校の生徒による科学実験の研究成果をWeb上で競演し、その模様をライブで発信

(4)プログラム
a.両校の制作による「わが郷土、わが校」のビデオ・プレゼンテーション
b.共通テーマ実験「タワービルディング」(一定の条件下で製作した木製タワービルディングの強度を競う)
c.自由テーマ(同一材料<紙コップ>を使って、生み出された科学実験作品を創造性の優位で競う)
d.日米両校の合同演奏(日米の生徒が、生活資材や廃材で作られた楽器を用い、テーマ曲「大きな古時計」)をweb上で合同演奏する)

このページのトップへ